忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/11 12:42 】 |
札幌記念 オッズについてひたすら調べてみました。

札幌記念 オッズについてひたすら調べてみました。

札幌記念 オッズは大体こんな感じの意見が多いようです。
完全予想「直結クロス」必勝法
完全予想「直結クロス」必勝法
星野健次郎のJRAの腹の中
星野健次郎のJRAの腹の中

予想ソフトとは?
…予想ソフトとは? 競馬を始めて間もないのですが、せっかくパソコンを買ったのだから活用したい。予想ソフトというものがあるそうですが、どういうものでしょうか?予想ソフトの他にパソ...…教えてGooより

競馬予想「「札幌記念、小倉日経オープン」はこの馬券
ね。それは、的中率×オッズが、投資金額を100%を超える為には避けてとおれないからでしょう。かといって、万馬券ばかりを狙う方法は、夢を追いたい方には良いと思いますが、投資と考えた場合、リスクが大きすぎます。競馬に絶対は有りませんので、リスクを最小限に抑えるには...はてなブックマークより

競馬商材レビュー検証徹底評価:競馬商材情報チャンネル
『騎手買い競馬』 はオッズを一切使わず、騎手の過去の成績のみで予想する競馬商材です。 価格はなんと2,980円!他の競馬商材と比べて激安なのですが 1.関東20名関西20名の合計40名の騎手データ(エクセル表) 2.騎手データの見方ワークシート 3.馬券購...はてなブックマークより

【DVD】中央競馬DVD年鑑 平成9年度後期重賞競走/ 【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】【DVD】中央競馬DVD年鑑 平成9年度後期重賞競走/ 【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】
【DVD】中央競馬DVD年鑑 平成4年度後期重賞競走/ 【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】【DVD】中央競馬DVD年鑑 平成4年度後期重賞競走/ 【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】

競馬予想ナビゲーター
2009】のデータやオッズ、動画(映像)を中心にナビゲートします。 まずは、お知らせです。 鉄板軸馬 全レース配信をメルマガ限定で公開します 詳細はこちらで。 → 鉄板軸馬 全レース配信 【シンザン記念2009】【フェアリーs2009】 の攻略に役立ちそう...はてなブックマークより

トータル確率競馬(究極の結集) 口コミ レビュー 体験談 ブロ...
切止めた。 予想はオッズを見れば分かる。 92%の出現率、人気オッズの使用。 68.7%の出現率で高配当を狙い撃ち。 前レースの結果から、41.7%の確率で導かれる枠。 確率を最も濃い所で勝負する事。 競馬をバクチから確率の勝負と考える様になってか...はてなブックマークより

札幌記念で1番人気~3番人気の馬とその馬の単勝オッズを予想してください! 1...
札幌記念で1番人気~3番人気の馬とその馬の単勝オッズを予想してください! 1番人気 ブエナビスタ 1.9倍 2番人気 マツリダゴッホ 4.2倍 3番人気 ミヤビランベリ 7.1倍 こんな感じかな!?Yahoo!知恵袋より

【キセキの投資競馬】競馬で投資信託!! 各競馬場の特性や、コースレイアウト等の条件を元に ある法則に気付き、その法則に該当するレースのみを購入することにより格段に勝率を上げることに成功した投資法です。

必勝競馬解体新書 12年間で13000レース・25000千頭が出走するレースを膨大な時間をかけて綿密に研究し、総合計一億円以上を稼ぎだした長年の経験と努力から生まれた安定して勝ち続けるためのテクニックとデータが凝縮された必勝メソッド。ギャンブルではなく、勝ち続ける競馬をやりたい人にとっては指南書になります。

本当にネットは何でも出てきますな。
PR
【2010/10/06 16:36 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<東京ジャンプステークス オッズは俺の中でグイグイきてるキーワードl。 | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |